御菓子司 塩野の椿餅

塩野の椿餅

椿の花が咲始める1月ごろになると和菓子店に椿餅が並び始めます。

椿餅は餡を包んだ餅を二枚の椿の葉で上下から挟んだシンプルな生菓子ですが、作る店によって見た目も味わいも少しづつ異なるのが不思議です。いくつもの和菓子店で売られていますが、いろいろ食べ比べてみて、私は赤坂の御菓子司 塩野の椿餅が一番好きです。

塩野は赤坂日枝神社のお膝元にある和菓子の老舗です。茶席の菓子として人気のお店で、品が良く美味なお菓子はお遣い物にも喜ばれます。

塩野では毎年2月1日から椿餅が店頭に並びます。もっちりと食感の良い道明寺粉の生地、口どけ良く、甘さもほど良いこし餡。コロンと丸い形も可愛らしいので、みているとなんだか楽しくなります。

その他にも2月には、椿をモチーフにした生菓子として、白玉椿と花椿の2種類が店頭に並びます。
白玉椿は黄身餡を外郎(ういろう)で優しく包んだ御菓子、花椿は美しい色合いで彩られ練切に小豆のこし餡を入れた御菓子です。

季節の干菓子の中には黄色い椿も入っていました。うちには黄色の椿の模様の重箱のがあるので、ちょうど合うと思い入れてみました。
塩野の椿餅、椿の生菓子、椿の干菓子