富士精版印刷の椿カレンダー

富士精版印刷より20190201 tsubaki_carendar_B

2019年の美しい椿のカレンダーを手に入れました。

大阪の富士精版印刷株式会社は精密な印刷を得意とし、「日本一美しい印刷のできる印刷会社」を志に掲げる印刷会社です。自社の印刷技術を披露するカレンダーは、色の表現力豊かな特別なインキをを使用しているそうです。そのためか、カレンダーの椿は赤い色の発色が良く、立体感のある写真です。背景の緑が深めの色なので花が際立って見えます。飾って美しいカレンダーとして楽しめます。

富士製版印刷椿カレンダー2019年2月
富士精版印刷椿カレンダー2019年2月

表紙の「明石潟」(あかしがた:Akashigata)は江戸時代からある品種で、三倍体品種のため極大輪の大きな花を咲かせます。
1月の「蓮上の玉」(れんじょうのたま)は白い八重で名前のイメージと様に清らかな印象です。
2月は「不如帰」(ほととぎす:Hototogisu)。蓮華咲きの愛らしいピンクの椿花です。
3月の「蜑小舟」(あまおぶね:Ama-obune)も江戸時代からある品種。朱紅色が印象的です。
4月は「土佐有楽」(とさうらく:Tosa-uraku)で、太郎冠者(別名有楽椿)と呼ばれる品種の実生と推測されています。太郎冠者より少し大きい花です。
5月の「五色散椿」(ごしきちりつばき)は図鑑には五色八重散椿(Goshiki-yae-chirituubaki)と載る品種でしょうか。写真の花は白地に薄紅色の縦絞りが入った花と紅色の花ですが、「五色」と呼ばれるように、一本の木で白地に紅色の縦絞りを基本に、白、紅色、桃色、白覆輪などに咲き分ける椿です。京都の柊野の奥村家に大きな古木があります。(椿旅 京都柊野 奥村家の五色八重散り椿
6月ともなると さすがに椿の花の時期は終わっています。 この月を飾る「国の光」(くにのひかり:Kuni-no-hikari)は梅芯、一重の平開咲きが特徴の肥後椿の一つです。
7月の「酒中花」(しゅちゅうか:Shuchuka)は白地に紅覆輪、紅色の縦絞りという印象的な姿です。江戸時代からある品種です。
8月の「大虹」(おおにじ:Onij)は、表紙の「明石潟」に白斑が入ったものでやはり大きな花です。花弁の上に現れるオーロラ状の模様の出方は花ごとに異なるので、美しい文様を探素楽しみがあります。
9月になると咲く園芸品種の椿もありますが、この「松笠」(まつかさ:Matsukasa)が咲くのはもっと後です。名前の通り松ぼっくりのような花形が可愛らしい椿です。
10月の「福娘」(ふくむすめ:Fukumusume)という名を聞くと福の神のようにふっくらとした優しげな印象の 娘さんをイメージします。 福岡生まれなの椿なのでそれも掛けているのかしらと思っています。
11月は「王昭君」(おうしょうくん:Oshokun)という古代中国四大美女の一人にあやかったのではと思われる端正な花形の椿。淡い桃色地に底は濃く弁端は白くなるという花容はやはり麗しいですね。
12月で歳の終わりを飾るのは「宝合」(たからあわせ:Takara-awase)。図鑑には、白地に紅色の縦絞や紅色地に白斑、と模様の説明がされています。花の模様のバリエーションが多そうです。

それぞれの月のきれいな写真と解説は公式サイトをご覧ください。
2019年『椿』カレンダー・解説

この「椿カレンダー」 は1997年に始まり、途中で休みなどもあり今年2019年版が6年ぶりに刊行されました。
仕事でご縁があり、先日訪問した折に歴代の「椿カレンダー」、全15点を見せていただきました。

富士精版印刷より20190201 tsubaki_carendar_A
15年分の椿カレンダー(写真提供:富士精版印刷株式会社)

壮観です。
表紙だけなのに、これだけ並ぶと長年続けてきた歳月の重みを感じます。

面白いのは、2019年版のカレンダーにはAR機能を搭載していることです。
AR( Augmented Reality )は拡張現実と言われるコンピューター技術で、 現実環境に情報を付け足したり削除したりします。例えば スマートフォンを通して見た風景の上に、その場所の情報をオーバーレイして示すなどです。「ポケモンGO」や「 Ingress 」と言えば分かり易いでしょうか。十年以上前のアニメ「電脳コイル」の世界観にも通じるものがありましたっけ。

余談が過ぎましたが、この椿カレンダーにおいてもそうしたARによって、ちょっとしたお楽しみの幅が広がっていました。カレンダーの 表紙と12か月の椿の写真に ARアプリをかざすと、それぞれの椿の品種についての文字と音声による解説が体験できるのです。なかなか面白いしかけです。

古式ゆかしく日本の風土に根付いている椿ですが、その楽しみ方を今の時流に合わせることで未来につなげた感じです。印刷会社の心意気を見た気がしました。

ふきよせ 冬椿

アトリエうかい冬椿2

クリスマスプレゼントにいただいた、アトリエうかいの「ふきよせ冬椿」は、椿ファンでなくとも思わず「わあぁぁ」と声を上げてしまう愛らしいお菓子です。それはパッケージだけでなく中のお菓子ひとつひとつに言えます。

旬お素材を使った季節限定のふきよせシリーズは、どれも美味しいし楽しいし、いただいても差し上げても嬉しい一品です。中に入っているのは、

木苺とバニラのロールクッキー、林檎と胡桃のシナモンクロケ、糖衣がけきな粉クッキー、みかんのほろほろクッキー、果実のメレンゲ(林檎・黒すぐり)、冬色の金平糖

どれからつまもうか迷ってしまう。ひとつ食べたら他の味も気になって次々手を伸ばしてしまう。見て嬉しい、食べて幸せなおやつです。こんなスイーツがあれば12月の忙しさも苦にはなりません。唯一困るのは、ひとつひとつと食べて行くとだんだん中が減ってしまうのを見るのがとても悲しいこと。

楽しすぎることはいつか終わる寂しさと背中合わせ。そう子供の頃に教えてくれたメアリーポピンズの本を思い出す、そんなお菓子です。

暦菓子 雪の椿

日本橋長兵衛雪の椿
日本橋長兵衛雪の椿

今年のお正月のお菓子は、日本橋長兵衛の「雪の椿」。季節限定のお菓子です。

「雪の椿」名の通り、白地に金の模様を施した上に赤い椿の花が咲く小包装のデザインが上品で素敵です。お正月の手土産にもぴったり。

包みを開くと、みずみずしく優しい色合いの椿の花を模した和菓子が顔を出します。橙色がかった赤い花弁の下は深い緑色。花弁の中央にはほんのり黄色い丸が見えます。ちゃんと「椿」とわかる姿に感心するとともに、美しい色形にしばし見とれます。和菓子を前にするといつも、食べるのがもったいないと思うのと、どんな味か食べたいという気持ちのせめぎ合いがあります。もちろん最後に勝つのは食べたい気持ちです。

つやつやと光るほどみずみずしい見た目から水羊羹のようなものかな、と思って口にすると、おや?

確かに羊羹なのですが、寒天の滑らかさ、餅のようなもっちりとした歯触り、餡の舌触り・・・

これは何かしら?と不思議になる食感。花粉をイメージして赤い中に入れられた黄色の丸いものはやわらかい餅。歯切れ良すぎず、まとわりつかず、口の中全体と舌で感じる食感は絶妙です。味よりも風味よりもその食感に心奪われました。

ちなみに緑の部分は抹茶味。

御菓子司 塩野の椿餅

塩野の椿餅

椿の花が咲始める1月ごろになると和菓子店に椿餅が並び始めます。

椿餅は餡を包んだ餅を二枚の椿の葉で上下から挟んだシンプルな生菓子ですが、作る店によって見た目も味わいも少しづつ異なるのが不思議です。いくつもの和菓子店で売られていますが、いろいろ食べ比べてみて、私は赤坂の御菓子司 塩野の椿餅が一番好きです。
続きを読む →

椿の寒中見舞いハガキ

椿のハガキ寒中見舞い

寒さが極まる時期に、遠く離れた友人を送る挨拶。
この人には暖かさと、すこし華やいだ気分も届けられるように、あの人には静かで穏やかな気持ちに寄り添って。
椿の柄でもいろいろあるので選びます。

根津神社 椿の花御札

根津神社花御

東京文京区根津にある根津神社では、月替わりで図柄の変わる花御札(はなみふだ)という護符を頂けます。月次花御札(つきなみはなみふだ)といいます。多くの御神札は神霊やその力を象徴する図像を木や紙などに記していますが、根津神社の花御札は1月から12月の隔月に季節の花の描いた木札です。月毎にその月の花絵が描かれた木札があります。

そして、12月が椿の図柄。 続きを読む →

牛乳せんべい

伊豆大島牛乳せんべい

伊豆大島の代表的なお土産のひとつ、牛乳せんべい。

小麦粉に砂糖を加えて牛乳で溶いて作ったタネを型に入れて焼いたお菓子。素朴な甘さがあとをひきます。図柄は椿の花の他にも、三原山、歌の歌詞、アンコさんなどいろいろ。

焼きたてはクンニャリ曲がるほど柔らかく、すぐにパリパリに硬くなり、湿気ると少し柔らかかくなる。そのまま食べても美味しいけれど、冬はホットミルクにつけて食べるのが子供の頃からの私のお気に入りです。

黒猫と椿のブックカバー

黒猫と椿のブックカバー

なぜに椿の花と描かれる猫は黒猫なのでしょう?でもこの図案を見れば納得してしまう。

友人がプレゼントしてくれた黒猫と椿柄のブックカバーは可愛いらしく、手になじんで使いやすく、お気に入りです。