【椿の名所】富山県中央植物園トウツバキ温室

富山県中央植物園には日本国内では珍しい、トウツバキの温室があります。トウツバキ(Camellia reticulata Lindl.)は中国の雲南地方が原産のツバキで、品種は100種以上あります。

富山と言えば「越中富山の薬売り」の配置薬業が有名ですが、植物園を入ってまず右手に、富山県で栽培される薬用植物を集めた「くすりの植物」コーナーがありました。いかにもご当地らしいと感じです。その薬草園の奥にある雲南温室のトウツバキがお目当てです。

富山県立植物園雲南温室20190310
富山県立植物園雲南温室

トウツバキは中国の雲南地方が原産のツバキで、原種はごく普通の一重紅色の花ですが、そこから生まれた園芸品種は大型で紅色八重咲きのとても華やかです。最大の特徴は原種のトウツバキから受け継いだ立ち上がる形状の花弁です。兎耳弁と呼ばれます。雲南温室と名付けられた温室には、こうした中国雲南省のトウツバキの園芸品種が約20種集められています。

訪問時はちょうど見頃でした。八重の大輪で濃桃色や赤色の花が重たげに枝をたわめて咲き誇る様子は息をのむ美しさです。見渡す限り十重二十重に咲き連なる様は、まるでトウツバキの花の海のよう。見ているだけで気持ちがうきうきします。

トウツバキ 富山県立植物園雲南温室20190310_2
トウツバキ 富山県立植物園雲南温室20190310
トウツバキ 富山県立植物園雲南温室20190310

温室内の土は山砂を混ぜたもので、保水と水はけを両立させています。水やりは3日に一度程度。土を盛った上に植え、木の周りをすこし窪めて水が木に集まりやすくする工夫もしてあります。

富山県立植物園雲南温室の土20190310

それにしてもなぜトウツバキは八重の大輪で花色が赤いものばかりなのか、ずっと疑問だったことを案内してくださった富山県中央植物園のS氏に尋ねてみました。すると中国では赤は縁起が良くて好まれる色であり、華やかさを好む嗜好に合わせて改良してきた結果ではないか、とのことでした。

富山県中央植物園は2007年と2008年(平成19年、20年)に、中国の昆明植物研究所と共同でトウツバキの保全に関する調査研究をしてきたそうで、来日した中国職員の方々と共に仕事をしてこられたS氏の言には納得するものがありました。

温室を出ると雲南省のトウツバキと文化を解説した写真や物品の展示コーナーがあります。花を観賞するだけでなく、春節の花として古くから親しまれていたこと、大理の少数民族の白族た楚雄の彙族では図案化した花を衣装などに取り入れてきたことなど、トウツバキが雲南の人々の生活文化に深く関わってきたことを知ることができる素晴らしい展示です。日本人と椿の関わり方と近いものを感じ、親近感を覚えました。  

富山県立植物園は24.5haという広大な敷地に日本と世界の植物を集めた魅力的な場所です。園内をもっと見て回りたいと、全員が後ろ髪を引かれつつ後にしたことは言うまでもありません。

<訪問日:2019年3月10日(日)>

データベース

【名称】 富山県立中央植物園
【花期】11月にサザンカ、ユチャが見頃、1月にハイドゥン、3月に温室のトウツバキが見頃
【所在】 〒939-2713 富山市婦中町上轡田42
【備考】
開館時間: 2月〜10月 9:00〜17:00(入園16:30まで)、11月〜1月 9:00〜16:30(入園16:00まで)、休園日 :毎週木曜日、年末年始(12月28日~1月4日)、木曜日が祝日の場合、および4月の第1・2木曜日、ゴールデンウィーク、お盆の期間は開園、 入園料:3月~11月は500円、12月~2月は300円
問合先: TEL : 076-466-4187
公式サイト:https://www.bgtym.org/

アクセス

  • JR高山線速星駅より徒歩30分
  • JR速星駅乗車 富山市コミュニティバス(すいせん号)(鵜坂・朝日線)→中央植物園前下車
  • JR富山駅前(6番乗場)発 富山地鉄バス ファボーレ経由萩の島循環線中央植物園口下車徒歩約15分
  • 自動車 富山インターより婦中大橋経由約15分
富山県立植物園入口20190310
富山県立植物園入口