【椿の名所】亀戸中央公園のサザンカ

笑顔 亀戸中央公園サザンカ

江東区のサザンカの名所

江東区の旧中川沿いにある亀戸中央公園は広さが10万平方メートル以上もある大きな公園でA,B,C3つの地区に分かれています。サザンカの名所として知られ、広場やスポーツ施設などを有する区民の憩いの場のようです。

行ったのはサザンカの11月でしたが「桜もすごくきれいなんですよ」と地元の方に教えられました。
平井駅から歩いて橋を渡って公園敷地内に入って川沿いの道を歩いてみてみました。このあたりはB地区と呼ばれる場所です。行く手に濃い緑に赤やピンクの花が咲いている木が見えたのでそちらに向かってさらに進むと、やがて「サザンカ」と書かれた大きな案内板が見えました。

亀戸中央公園サザンカ園看板
亀戸中央公園のサザンカ園看板

案内板はB地区の芝生広場の隅にあり、そのすぐそばにサザンカの原種が2本ありました。白い一重の花が咲いています。原種のサザンカの近くには明るいピンク色の八重のサザンカが間隔を開けて植えられており目を引きます。木いっぱいに咲いた花と、既に花が終わって散った花弁が木の根元にピンクの敷物のように広がる様は美しく華やかです。

昭和の栄 亀戸中央公園サザンカ

芝生広場に面した公園内の道路沿いにもサザンカが植えられています。それを横目に更に進むと、行く手にはピンクや赤の花盛りの木が見えます。C地区の入り口は満開のサザンカが並んで出迎えてくれます。

亀戸中央公園サザンカ
勘次郎 亀戸中央公園サザンカ
昭和の栄 亀戸中央公園サザンカ

亀戸中央公園の一角にサザンカ園があると紹介されていたの聞いて尋ねてみたのですが、なぜこの亀戸中央公園がサザンカの名所なのかは来てみてわかりました。江東区の区の花がサザンカであり、それにちなんで公園内に植栽していたのです。
もう一つ分かったのは公園の一角にサザンカコーナーがあるだけでなく、公園のいたるところに植えられていることです。植えられているサザンカの品種は原種と園芸品種が十種類ほどで決して多くはありませんが、本数はかなりあり、公園内各所に植えられています。サザンカコーナーとしてまとめてあったり、通路沿いの生垣として各所に植えられているので、花を楽しみながら散歩できるようになっています。良い工夫ですね。

亀戸中央公園サザンカ
亀戸中央公園サザンカ

植えられているのは原種と、名前が分かっている園芸品種として、朝倉、笑顔、乙女サザンカ、鎌倉絞、昭和の栄、想夫恋、勘次郎(立寒椿)、初光、富士の峰、の11種類が紹介されています。他にも、三国紅、朝日鶴、などの品種もあるようです。多く植えられているのは、勘次郎、富士の峰、昭和の栄などです。
乙女サザンカの大きな木もあり、ちょうど満開でした。

乙女サザンカ 亀戸中央公園サザンカ
乙女サザンカ 亀戸中央公園サザンカ
乙女サザンカ

ほとんどの木に名札板が付けられているほか、公園内の各所にサザンカの種類の解説、サザンカとツバキの見分け方、公園内のサザンカの植栽品種マップ、などの大きな解説看板が立てられており、サザンカに親しみ楽しむための助けになるので親切です。

どの品種のサザンカがどこにあるか示した案内図
園内のサザンカの品種の解説
品種の説明

県や市町村のの花木や鳥などを指定している自治体は多いですが、積極的にそれを住民に知らせて親しんでもらう努力をしている自治体ばかりではありません。その点この亀戸中央公園では、積極的にサザンカ愛を広める活動をしているといえるでしょう。
良くて手入れされているようで、樹木の健康状態も花付きも良好です。花も虫食いや傷みがなくきれいな状態で、なかなかに見ごたえがありました。

初光 亀戸中央公園サザンカ
鎌倉絞 亀戸中央公園サザンカ
昭和の栄 亀戸中央公園サザンカ
笑顔 亀戸中央公園サザンカ
獅子頭 亀戸中央公園サザンカ
勘次郎 亀戸中央公園サザンカ

広い園内を散策すると、メタセコイアが紅葉していました。色づいたメタセコイアを背景にサザンカを眺めて秋の風情を楽しみました。

メタセコイアを背景にしたサザンカ「笑顔」
メタセコイアを背景にしたサザンカ「笑顔」
メタセコイアと勘次郎

大きな勘次郎(立寒椿)の木

A地区の時計台に近いエリアに、勘次郎(立寒椿)の大きな木があります。巨木というほどではありませんが、見上げるほど大きく、また樹形が整って美しい木です。そばには鎌倉絞も咲いています。この一角はメタセコイアの林があり、紅葉するメタセコイアと赤いサザンカの花の取り合わせが、静かで穏やかな秋の風情を感じさせます。

勘次郎 亀戸中央公園サザンカ
勘次郎(立寒椿)
勘次郎 亀戸中央公園サザンカ
勘次郎(立寒椿)

咲いていたサザンカ

<2017/12/10撮影>

サザンカ原種 亀戸中央公園サザンカ
サザンカ原種

獅子頭(寒椿) 亀戸中央公園サザンカ
獅子頭(寒椿)
勘次郎 亀戸中央公園サザンカ
勘次郎(立寒椿)

初光 亀戸中央公園サザンカ
初光

昭和の栄 亀戸中央公園サザンカ
昭和の栄

昭和の栄 亀戸中央公園サザンカ
昭和の栄

笑顔 亀戸中央公園サザンカ
笑顔

富士の峰 亀戸中央公園サザンカ
富士の峰

想夫恋 亀戸中央公園サザンカ
想夫恋

鎌倉絞 亀戸中央公園サザンカ
鎌倉絞

見驚(けんきょう) 亀戸中央公園サザンカ
見驚(けんきょう)

乙女サザンカ 亀戸中央公園サザンカ
乙女サザンカ

おまけ:江戸川区立小松川第3中学校のサザンカ生垣

サザンカ生垣 江戸川区立小松川第3中学校
サザンカ生垣 江戸川区立小松川第3中学校

駅までの帰りに通った道でサザンカの生垣に出会いました。江戸川区立小松川第3中学校の生垣です。
生垣は通常は一種類、たいてい立寒椿(勘次郎)が並べて植えてあるのですが、この学校の生垣は、その他にも数種類の園芸品種のサザンカを取り混ぜて植えていました。まだ小さくて見栄えしませんでしたが、白、赤、ピンク、斑入り、一重、八重など、様々な花が見られます。この木が育って立派な生垣となれば、さぞ道行く人を楽しませてくれることでしょう。

<訪問日:2017年12月10日 晴れ>

データベース

【名称】亀戸中央公園サザンカコーナー
【コレクション】サザンカの原種と園芸品種12種類
【花期】11月〜3月
【所在】〒136-0071 江東区亀戸8、9丁目
【備考】問合先:亀戸中央公園サービスセンター TEL 03-3636-2558
施設説明:「サザンカの名所」として親しまれています。1980年(S55)開園、面積103,205.34平方メートル(平成27年7月1日現在)
アクセス:東武亀戸線亀戸水神下車 徒歩2分、中央総武線平井駅下車 徒歩15分