UNPEL GALLERY(アンペル・ギャラリー)

UNPEL GALLERYアンペルギャラリー20201222_5

椿絵の一大コレクションで知られる、あいおいニッセイ同和損保が、八重洲に「UNPEL GALLERY」を開設しました。

椿、咲く。 -初々しさを秘めた成熟に向けて<前期:椿絵名品展-蕾から大輪の花へ>2020年12月

UNPEL GALLERYアンペルギャラリー20201222_1

オープン記念は「椿、咲く。 -初々しさを秘めた成熟に向けて」 。前期(2020年12月16日(水)~12月25日(金))は椿絵名品展-蕾から大輪の花へと題して所蔵のコレクションから2021年のカレンダーの作品を中心に展示されています。
展示室は一室と小規模ながら、そこにある椿の絵画はどれも逸品ばかりです

UNPEL GALLERYアンペルギャラリー20201222_3

入室してすぐ右手にあるのは、安田靫彦(やすだゆきひこ)の紅白の椿。素朴ながら鮮やかな色と輪郭の花が目を引き付けます。隣にならんだ前田青邨(まえだせいそん)の「椿」は、鮮やかな瑠璃色の花瓶にたっぷりと八重、千重咲きの椿が活けられています。ほんのりと画面に当たった照明によって椿の花々は浮き立ち、まるで一抱えの花束のようにです。

壁に掛けられいるのは、小倉遊亀(おぐらゆき)や堀文子など、何点もの美しい椿の花の絵を描いている画家をはじめとした著名の画家たち。それぞれに個性的で味わい深い椿の花々です。

高山辰雄の「椿」は朱色の布か紙の上に置かれた四角く平たい緑の水盤の中に白椿が3輪、その色の対比の鮮やかさが心に沁みます。

山口蓬春(やまぐち ほうしゅん)の椿は「都波喜」と字を当てた題で、豪華な獅子咲きの赤い花と緑青の葉の鮮やかな対比にハッとさせられます。

福田平八郎の「八重椿」は百地に赤い絞りが入った唐子咲きで、複雑な花弁を白線で描いているのが繊細な雰囲気を伝えてくれます。

「春の籠」と題された堀文子の作品は彼女が特に好んだという太神楽をはじめ、さまざまな品種の椿が描き分けられて籠いっぱに溢れた美しい絵で、私も大好きです。

UNPEL GALLERYアンペルギャラリー20201222_2

ギャラリーの正面はガラスで仕切られた展示ケースで、掛け軸に表装された作品が並んでいます。その中でも大観の白椿の掛軸は、白絵の具と墨で描かれた小さめな作品ですが、とても心惹かれ、いつまでも見ていたくなります。

UNPEL GALLERYアンペルギャラリー20201222_4

落ち着いた雰囲気の照明の中、作品の一つ一つをじっくり見られるの至福のひと時でした。

オープン記念展、後期は琳派の花-近世から近代へ。会期は2021年1月8日(金)~1月24日(日)です。

*撮影は許可を得ています

椿コレクションについて

アンペル・ギャラリーは何故これほど椿の作品があるのか。

それはギャラリーを運営するあいおいニッセイ同和損保の前身のうちの一社、大東京火災の創業者である反町茂作氏が椿を好み、社業もこの常緑樹のように
若々しく力強くありたいと願ったためといいます。椿のコレクションは、桃山から近現代まで幅広い年代の絵画、工芸品であり、全国の美術館へ無償で貸し出されてきました。(公式サイトより)

こうした活動によって、日本の各地で多くに人々が椿の美しさ、魅力に触れる機会を作ってきてくれました。

椿の美術品は、今後はアンペル・ギャラリーで定期的に公開されるようです。

データベース

【名称】UNPEL GALLERY(アンペルギャラリー)
【コレクション】 “椿”をテーマとした絵画・工芸品を中心に約300点の美術コレクションを保有
【所在】〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-6 あいおいニッセイ同和損保八重洲ビル1F〒604-8301 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
【備考】
・TEL:03-3548-7780
・入館料:無料
・開廊時間:11:00~19:00 休廊日:月曜日・年末年始
【公式サイト】https://unpel.gallery/