月潭(げったん)

月譚20200210

Camellia ‘Gettan’

花は淡桃地に底白、一重、筒咲き~ラッパ咲き、筒しべ、小~中輪。開花は1~3月。葉は楕円形、中形。樹形は立性、樹性は強い。

島根県松江市郊外のヤブツバキ群から選抜。1980年山陰カメリアンクラブが命名・発表。

月譚20180320_1
月譚20180320_1
月譚20180320_2
月譚20180320_2
月譚20180320_3
月譚20180320_3
月譚20180320_4
月譚20180320_4
月譚20200227
月譚20200227

島根の椿友から頂いた鉢が我が家にあります。底白の花弁は優し色合いできれいですが、比較的新しいのと、普及していない品種なのか、他所で見ることがありません。

「月潭」の名は、近世の茶人・名筆家として知られる出雲松江藩第7代藩主松平治郷(はるさと)=俳号:不昧(ふまい)の子である、松平斉恒(なりつね)=俳号:月潭(げったん)に由来するものと考えられます。

<引用・参考文献>
・日本ツバキ・サザンカ名鑑,日本ツバキ協会,成文堂新光社,1998

<撮影場所>
・東京都品川区