磯波(いそなみ)

磯波 光が丘夏の雲公園椿園20200330

花は淡桃色地に紅色の吹掛け〜小絞りが入る。牡丹咲き〜八重咲き、大輪。開花は3〜4月。葉は楕円、大形。樹は立性、強い。来歴:母樹は守谷市の民家栽培種。1960年に日本ツバキ協会有志が命名・発表。茨城産。(『最新 日本ツバキ図鑑』より)

『現代椿集2』にはさらに詳しく載る。
花は移り白地に淡紫紅色の吹っ掛け小絞りが入る牡丹咲きの大輪。外弁は2~3重に重なり、弁は波打ち、緩やかに反曲する。花芯付近の内弁は急に小型になり、波曲し、斜め直立気味に盛り上がり、散り芯と混在する。
葉は平坦で側脈が時に隆起する。鋸歯は粗大、葉柄は有毛などと載る。

由来についても詳しく載る。
1965年(昭和40)前後に別種の「漣(さざなみ)」の名で出回ったが、『現代椿集2』発行時に日本ツバキ協会によって「磯波」と命名されたという。また『つばき-名花の紹介と栽培』(安藤芳顕,1971)の漣は本種とある。

磯波 光が丘夏の雲公園椿園20200330
磯波 光が丘夏の雲公園椿園20200330

引用文献

  • 最新 日本ツバキ図鑑,日本ツバキ協会,成文堂新光社,2010
  • 現代椿集2,日本ツバキ協会,講談社,19728